利用限度額と金利の関係

カードローンを利用する時にやはり金利の高さを意識しますよね。

出来るだけ低金利で借りたいのはどなたも同じだと思いますが、変動型で限度額ぎりぎりまで以前借りていた事が有りましたが、高い金利の時に借りましたからとにかく大変でしたね。

今は金利も枠で決まっているようですけど、どうしてもと言う時にはそれでもなるべく低金利のカードローンに申し込むべきでしようね。

纏まったお金を借りる場合には今が金利低い時なので、変動型で借りても固定型にしても、総量規制対象外のカードローンは、借り入れは年収の半分位までだと思いますから、返済のシュミレーションも大切ですよ。

いくら低金利とは言えども金額が大きければ、返済期間も長くなりますよね。

今が何事もなく元気で仕事も出来ているから安心ですけど、これが、病気で倒れたりしても、返済は待ったが聞きません。

事業を起こす資金として借りたものでしたら、それなりの売り上げも上げなければ行けないし、何かあっても月々の返済が、滞りなくやっていかれると言う物を確信してから借り入れをしましょう。

一回でも延帯したりすれば、その分の延滞量も別枠で発生します。

出来ればカードローンを借りないで仕事でも何でも生活が成り立って何とか生きて行かれるまでを考えて生活水準を落としてまずは生活してみてください。

カスカスの時に借り入れすると、どうしても生活の方にお金は流れやすいんです。

仕事が少し軌道に乗ってきてから、カードローンを申し込んでカードを持っていれば、いざという時に役立ちますよ。

延滞ありの場合のローンについて

住宅ローン返済途中で資金繰り等の関係で売りに出すって言う事はよくありますよね。

住宅ローン残金の額のままで売りに出して売れれば文句なしの所ですが、たまたま同額で売れたとして、目出度しめでたしと思っていたら、その他にキャッシュカード諸々の延滞も有ったけど、その他の物も全て完済したって言われたら何と凄いやる気満々でこれからが楽しみだと思いますよね。

でも中にはのど元も冷めないうちに住宅ローンを又組みたい?又ですかって耳を疑ってしまいがちですが、こういう人結構いるかもしれませんが、少なくても銀行で住宅ローンを組む訳でしょうから無理だと思いますよね。

少なくても住宅ローンは滞りなく払って居ての転売だとしても、クレジット等の延帯が有ったりと、それも全て完済したとしても半年も間が空いていない状態ですから信用調査機関にまず登録はされている筈。

どうまとめて払っても、残念ながら延帯も回数が有るとほぼ間違いなく登録がされていると思いますよ。

まずはご自分で確認した方が良いと思いますよ。

お金も有る時は有るけど無い時はピタッと無くなってしまうと言うような、危ないお金の使い方はよくないですね。

それでもどうしても又住宅ローンを組んで住宅を買いたいっていう気持ちが有るのなら、取り合えず、日常の借り入れは無しで生計を立て直してみてください。

前回の二の舞にならないように給料の中で生活が出来るように、貯金も少しでも出来るようになると、お金の使い方が解ってくる筈。

どんぶり勘定でやらずにきちっと家計簿を付けましょう。

ホテル代を借りる

国内、色々なホテルが有りますが、普通ホテルの部屋代と言えば、一名様分と言う事になると思うんです。

たまに二名様以上だと割引が有ったりして若干安く泊まる事も有りますが、通常は宿泊料金となっている金額は一人分の金額だと思います。

ですから、何かの都合でホテル代を借りるとするなら一名様分の表示されているきんがくを借りれば良い訳ですよね。

ただその他にも温泉場だと入湯税とか部屋の冷蔵庫の物を飲めば、別会計で清算時に請求されたりとそのホテルによって違いますから何ともいえませんが、室料と言う事はおひとり様の料金と思いますね。

だいたいが団体旅行が多いので、中々静かな高級ホテルに泊まったりする事がないものですから、始めから団体であれば幾分か団体割引と言う事もありますしね。

静かに時を過ごすには、こんな所なんか良いかもしれないと言うような風情のあるたたずまいのホテルや旅館は有りますが、何か敷居が高い感じで子供連れでは他人に迷惑をかけてしまうかも知れない、何て言う気持ちがあって中々泊まる事は出来ませんが、その分安く泊まれるホテルに宿泊して、そのホテルを軸に近場の観光地へとあしを伸ばしてみるのも楽しいですよ。

素泊まりさせてくれる旅館も旅の途中何かではとても助かります。

ご当地の美味しいものめぐりをするのには、ホテルや旅館の食事より外の食べ物で有名な所の物を食べて、ホテルは寝に帰るだけって言う楽しみ方も有りだと思うんです。

テレビでやっていたあの美味しいお店、ついでに回って食べて行こうって言う時も、ホテルや旅館に気を使わずにご当地グルメを堪能するっていうのも有りだと思いますね。

身分証明不要でお金を借りる

御金遣いがあらいだけでも大変なのに、借金をあっちこっちと作られては、ゆっくりお茶を飲む暇も有りませんよね。

給料が入っても借金の返済に回ってしまったのでは家族としてはほーっておけませんよね。

日常生活をどうやって工面して行ったらいいのか、「そんな馬鹿亭主縁切っちゃいなさい」って言うのは簡単ですが、年老いた両親等がいたら、本当にお気の毒で溜まりませんよね。

でも家族が何を取り上げても潜りの貸金業者はあの手この手で、良いカモは食いついて放さないでしょうね。

1社だけではありませんからね。

会社の方たちがご家族の見方をしてくれるのであれば、在籍確認の電話が入った時に「いない」って言ってもらえば、働いているから貸せるお金も職場確認出来ないとなると、貸すに貸せなくなってくると思うんです。

今度はご主人が焦りますよね。

何が何でもお金を借りたいと思えば、家にある車等、知らない間に担保として取られてしまう可能性だってありますよね。

一番心配なのは、土地建物の権利書です。

これを勝手に持ち出されたら大変ですよね。

第三者なり、銀行の貸金庫にでも預かって貰っておくと良いかもしれません。

出来れば実印とね。

これは考えすぎかもしれませんが、安全に守れるものは今の内に預けておいた方が、後から泣かないで済みますからね。

借りられなければ家から持ち出して、お金に換えられるものは何でも現金に換えてもらったりすると思うんです。

そこまで酷くないわって言われちゃいそうですが、後で笑い話になれば良いんですよね。


カードローンの手数料 近くて便利なコンビニでカードの利用が無料で出来るからカードローンの利用価値が有ったのにって嘆いている方多いと思うのよね。借りる金額以外にいちいち手数料を取られるのは何か納得いきませんよね。でもコンビニATMでも銀行の口座を変えるだけで何時も利用しているコンビニATMから手数料無しで引き出す事も入れる事も出来るとしたら、いちいちカードローンを変える必要もなし。これってかなりお得感有るでしょ。何時も利用出来る所の銀行口座開設すればオーケーなんですよね。何でこんな事が解らなかったのか、別のカードローンに替えて、って又一から申し込んで審査して貰ってと言う面倒な事を繰り返す所でしたよ私も。しかし銀行はもっと腹立たしいですよね。自分のお金を自分の通帳に入れてあるものを、自分が引きだすのに、時間外だと勝手に手数料を引きます。ATMでよろしければって、よろしくないけど、お金が必要で引き出す訳ですから、了解しかないじゃないですかね。何とか都合を付けて定時内で下ろすようにしていますが、よんどころない用事だって有るじゃないですか。本当に腹が立ちますけど、残念ながら、他の銀行に預金を移すぞって言った所で「あ、どうぞどうぞ」って言われるのが関の山。その点カードローンは、銀行口座開設するだけで手数料ゼロ。実に羨ましいけどカードローン借りて何に使うという予定もないので今の所未だ利用していないけれど、先行きカードローン使い方によっては、良いお財布代わりになるかも知れませんよね。
Copyright © カードローンに首ったけな理由 All rights reserved